ありえない!独創的なコーヒー商品って?

コーヒーの木を栽培しているからできる、変わった独自のコーヒー商品がりまして、日本初の観光コーヒー農園「スコーコーヒーパーク」のここがすごい!のまとめ記事です。スティーブ・ジョブズ並の知られざるコーヒーイノベーターがいるんです。

日本初の観光コーヒー農園

コーヒーを飲み始めてから、ずっと「コーヒーの木に花が咲き、実がなっているところを見たい。生のコーヒーの実を食べてみたい」と思っていましたが、日本でコーヒーを栽培して、実現しちゃってる人が九州にいました。非常識すぎるぜ!ということで行ってきたけど、(過去記事)その創業社長の生い立ちがパンフレットに書かれていました。

太平洋戦争中に熊本で生まれる。戦前祖父母がアメリカレストランを経営していたのでレギュラーコーヒーを口にして育つ。幼少の頃のコーヒーに対する憧れから17歳の時ブラジルでのコーヒー栽培を夢見て、移民を決意。家族の反対により断念。海上自衛隊に入隊。夢を諦めきれず、喫茶店「カリブ」を開店。1本の苗木からコーヒー栽培に挑戦。数々の苦労を乗り越え、300坪の温室で200本のコーヒーを栽培。「ブラジルの大農園には及びませんが、ここ長崎には小さなブラジルが存在しています。」(中島洋彦)

オリジナルコーヒー商品

コーヒーを栽培するだけにとどまらないのが、この男のすごいところ!数々のオリジナル商品を開発しちゃうんですわ。コーヒーの実のジャム(過去記事)、コーヒーの葉のお茶(過去記事)、コーヒーのキャンディ、思いついたら、止まらないぜ!作る作る。

コーヒーは浅煎り

「コーヒー本来の風味を最大限引き出すために、一貫して浅煎りにこだわって参りました」ということですが、戦中生まれの人が浅煎りのコーヒーですよ。昔のコーヒーの本なんか読んでいると、昭和の喫茶店ブームの時はだいたい深煎りなんです。近年サードウェーブとか言われてやっと「浅煎り」もおいしいねみたいな事じゃないですか。全然早いから、この人。浅煎り一筋40年ですよ。ガチでカッコよくないですか。

全然まとめになってねえ、まとめ記事ヘタ。結局ここの社長がすごいに終始しちゃった。「思いついたら、やるしかない」の究極形ですから、まーリスペクトですよ。デリックメイがテクノファーザーなら、スコーコーヒーパーク中島洋彦はコーヒーファーザーですわ。やっぱ「お父さん」って呼ぼう。

今日も寄っていただきありがとうございます。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。