【最上位機】タイムモア G1 Plusコーヒーミルをレビュー!コレ最高

「TIMEMOREタイムモア手挽きコーヒーミルG1 Plus」を購入しました。 価格はアマゾンで22980円で、かなりいい買い物だったので、おすすめです。特徴と使い方を紹介します。

ひろ

一言でいって、気に入りました!やっぱ手動ミル好きっす!必見ですよ

ビター

一瞬たりとも 見逃さず見ろ 自由なる発想で追う 理想脳味噌と精神 鍛え磨く美学

TIMEMOREとは

タイムモアコーヒーはオリジナルコーヒー器具のデザインブランドです。
2012年に数人のコーヒー愛好者によって設立された上海の会社。

「プロフェッショナルとエステティック」のデザイン理念で、価値のあるコーヒー器具を作ります。人々が「MORE TIME」を持ち、コーヒー作りを楽しめるように努力しています。

TIMEMOREは、近年コーヒー市場で影響力のあるブランドになりましたね。  

開封の儀

箱からしてカッコイイ。さすが最上位機種です。では、開けて見てみましょう。

ウェーイ、これが本体。アルミ製なので高級感があります。

上から見ると、ここから豆を投入します。

粉受けは木製ですね。

粉受けは外側だけが木製なんだ!これはいい!実は木製のストッカーは粉が残りやすいんですよ。

で、本体の心臓部、肝心の歯はどうなってるのかな。挽き目を調整するナット部ね。

ハンドルは取手部分が木製です。

箱のハンドルの下からブラシが出てきた。

ハンドルとフタが一体型か。これはいい。

組み合わせてみると〜。

ビター

コレ よくない? よくない コレ?よくなく なくなく なくセイ イェーッ

持った感じズシッと重いので計ってみましょう。569gです。って言われてもピンとこないよね。500mlのペットボトルの水を持ってると想像して、結構な重さでしょ。

という事で、くらべてみますと、ポーレックスのコーヒーミルが266gです。2倍っすね。

TIMEMOREタイムモア手挽きコーヒーミルG1 Plus
品番:G1 Plus
カラー:ブラック、シリバー、ゴールド
本体のサイズ:168 x 52 x 52mm
容量:コーヒー粉約25g
本体重量 :約500g
材質/臼:ステンレス420
ボディ:アルミニウム合金
粉受け:木
ハンドル・スプリング:アルミニウム合金
パッケージ内容:本体、ブラシ、収納袋、取扱説明書・保証書(中国語・英語)
原産国:中国製

説明書は英語と中国語です。

TIMEMOREの分解・組み立て

やっぱ歯を見たいので、いったん分解します。調整ネジを緩めて外して分解していきます。

調整ネジを外すと、ビヨーンって出てきたので、並べます。

で、これがコーヒーミルの心臓部。ミルの歯ですね。チタンコーテングのステンレス製です。

これはいかにも切れ味良さそうです。

中の歯も見てみましょう。

おおおお!ザックザックやな。

ビター

切り裂き魔 霧吹き魔 言葉 切磋琢磨 ライカ 御用牙

ひろ

今日なんか90年代ラップ多いっすね…テンション上がってますな

では、組み立てます。シャフトをさして、▼まずワッシャーを入れます。

▼スプリングを大きい方を下にして入れます。

▼ミル歯を入れます。

▼調整リングをセットします。

▼最後に調整ネジですね

FINEの方向にしめていって、回らなくなったところをゼロとします。

TIMEMOREの使い方

TIMEMOREの一番大事なコーヒー粉の粒度の調整です。挽目を変えるには、カチッカチッカチッと回して、ゆるめていきます。

ひろ

なるほど!カチッカチッって時計っぽっくていいな!時計と同じ一周が12というのもニクイね

で、G1 Plusの歯は「5blades」になります。

エスプレッソ 10-14Clicks
ドリップ 18-24Clicks
フレンチプレス 25-27Clicks

では、実際豆をひいてみましょう。コーヒー豆15gで試してみます。

コーヒー豆投入〜ザーザーっと。

入っとる入っとる。ミル容量は25gになります。

では、非力なおじさんが回して挽いていきます。

ひろ

おおお、いい感触!ザクザクザクっと切っていく感覚。 しかも回しやすい! これはいい! スムースだ!

コーヒー豆15gを挽くのに、57回転、1分11秒でした。

初めて使った、まだ慣れてない状態でこの数値なら、早いほうです。ちなみにカリタの手動ミルではコーヒー豆10gで1分33秒でしたし、100均のミルは2分かかります。

では、挽いたコーヒー粉を見てみましょう。

ビター

YO!チェケラッチョー!

ドリップなので「20Clicks」にしてみました。ちょうど中挽きぐらいですね。

ひろ

マジか!この均一性!微粉の少なさ!

TIME MOREコーヒーミルで飲んでみよう

ではでは、ドリップしまーす。

ということで、できました!

TIMEMOREタイムモア手挽きコーヒーミルG1 Plusの味は?

ひろ

うまし!
味がはっきりしてる!味の輪郭がはっきりしている。いいコーヒーは、よりいい味が楽しめるし、これは味の解像度が高いと感じざるを得ません!

ここまで均一だと、ドリップ後の粉が、がっちりですね。「20Clicks」は、やっぱり中挽きのやや細めかな。

掃除

コーヒーミルは挽いた後のお手入れも大事です。コーヒー粉が残っているのをチェックしましょう。ストッカーをチェックして。

本体の中はどうでしょう。

一旦バラシますね。こんなもんすか。コーヒー粉が残らないというのも、かなりポイント高いよ。挽き目によるんでしょうけど、細挽きだともっと残るかもですが、かなり少ない。

ブラシで取り除いて、袋に入れて置いておけばいいか。

しばらく使ってわかった事

初見では気づかなかったことを追記していきます。使い勝手がよくなるプチ工夫と挽目についてです。

ゼロに印を入れる

一番閉めた状態のゼロにマジックで印を入れました。軸の上の部分にも印を入れます。

分解して組み立てるときは、時計に例えると、ミル歯の穴の位置が9時、ゼロの印が12時になるようにセットします。

一番締め他状態のゼロの位置に印がきます。1周回せば12クリック、2周回せば24クリック、いちいち数えなくて済むようになりました。

挽目

説明書に書いてあるエスプレッソとドリップの間に15-17Clicksが空いているのに気づきました。

エスプレッソ 10-14Clicks
ドリップ 18-24Clicks
フレンチプレス 25-27Clicks

▼#16クリック 細挽き

▼#27クリック 粗挽き

ひろ

説明書に書いているフレンチプレス用のMAXの粗挽きが27クリックですが、粗くないな〜

▼#30クリック(規定外) 粗挽き

TIMEMORE G1は3種類

TIMEMORE G1は実は3種類あります。

  • TIMEMORE G1 (ドリップ中心)(5枚刃)
  • TIMEMORE G1 S (エスプレッソ中心)(6枚刃)
  • TIMEMORE G1 Plus(エスプレッソ兼用)(改良5枚刃)

最初発売されたときは「TIMEMORE G1」と「TIMEMORE G1S」で分かれていました。エスプレッソ専用に歯の形が違うヤツだったんですね。現在はどちらも廃止されて、ミルの歯を改良して、エスプレッソも兼用できる「TIMEMORE G1 Plus」に統合されました。

外装は全く同じで、ミルの歯が違う3種類があるということですね。

▼アマゾンで少し安いのは旧Ḡ1になります。

TIMEMOREまとめ

ひろ

控えめに言って最高かよ!
コーヒーミルに時計的な演出があるのがツボですね〜!
機械っぽさと時を感じるロマンがコーヒーの喜びを増幅されます

メイドイン中国に抵抗ある方多いと思います。実は私もそうでした。正直「え〜中国製?」みたいな反応でしたが、全部くつがえされましたね。そういえば香港マカオに行ったとき時計買ったし。中国は世界の工場ですよ。ナメたらダメっすね。

ビター

でしょ でしょ でしょ もう行くっきゃないね
ねー いつにする いつにする いつにする ?

いや、中国には行かないっすけど….最後まとめますと、

【メリット】

  • 挽きやすい
  • 粒が均一
  • 味の解像度が高い
  • コーヒー粉が本体に残らない
  • 高級コーヒーミルの中では安いほう

【デメリット】

  • ちょっと重い
  • 粗挽きが粗くない
  • 挽く時にすべりやすい

ぐらいかな、また使いながら追記します。2万ちょっとでこの性能と使い勝手とデザイン、質感ならコスパめちゃ高ですわ。

今日もevery coffeeに寄っていただきありがとうございます。偏見ダメ!絶対!

インスタ版every coffee
ビターのクロネコカフェ


今日のコーヒーを気ままに出しています。うっかりフォローした人はしあわせになっちゃうよ〜

2件のコメント

手挽きミルはポーレックスミニを使用しているのですが、新しい良いミルが欲しくて色々調べていました。コマンダンテは手に入らないし1zpressoにしようかと考えていましたがTIMEMOREも良さそうですね。悩みます。

そうなんですよね同感です。1zpressoと迷いましたが、コスパ的にTIMEMOREアリでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。