【重要】コーヒーミル電動おすすめはコレ!味はミル次第だよ

電動コーヒーミル・コーヒーグラインダーをおすすめします。コーヒーをおいしくするにはミルです。手動のコーヒーミルも好きですが、毎日使うとなると電動コーヒーミルがメイン機になります。価格も上がってきますが性能的にも高く、コーヒーも格段においしくなりますよ。

ひろ

1万円台の電動コーヒーミルから3万円の電動ミルを買って正直ビビりました

ビター

コーヒーガチでやっていくなら、コーヒーミルに投資するのが早道です

電動コーヒーミルの種類

電動のコーヒーミルには構造的に3つの種類があります。

プロペラ式

プロペラの刃が回って、コーヒー豆を砕いていきます。
利点:小さくてシンプルな見た目、掃除が簡単、安い(3千円ぐらい)、電動でラク
欠点:挽く時間の長さで粉の大きさが変わるので粒が揃いにくい、コーヒー粉が下に落ちず、打撃で砕くので微粉が出やすい

臼式

デコボコの2枚の刃に挟まれて砕いて小さくする。上下の2枚の刃の間隔を広くすると粗挽き。狭くすると細挽き。手動のミルはほぼこのタイプでしょう。
利点:粒の大きさを変えられる、コーヒー粉が下に落ちるので微粉の発生が少ない
欠点:電動になると大きくてゴツい、電動は値段も少し高い(1万円以上)

デイスク式

ミル3.jpg

左右の2枚の刃でカットして豆を小さくする。

利点:粒の大きさを変えられる、粒が均等、微粉が少ない
欠点:値段が高い、エスプレッソの極細挽きができない

【間違いない】コーヒーミルおすすめ7選!初心者の選び方ポイントとガチ購入レビュー

電動コーヒーミルおすすめ

おすすめの電動ミルを挙げていきます。まずイチ押しは「カリタナイスカットG」今現在使っていますが、格段にコーヒーがおいしくなったから。

次におすすめは「ウィルファ グラインダー」ヨーロッパのコーヒー界の重要人物でありバリスタ世界チャンピオンのティム ウェンデルボーも使っているから。

1万円以内なら「メリタフラットカッター」5千円台でこの構造のミルは他にないから。

安い電動コーヒーミル

価格が安い電動のコーヒーミルは、プロペラ式のブレードが回転するミキサータイプになります。コンパクトでボタンを押すだけのシンプル操作ではありますが、「コーヒーをおしいくする」という観点からすると、要検討のコーヒーミルでもあります。

  • コーヒー粉が均一になりにくい
  • 微粉が多い
  • コーヒー粉を移したり、掃除が手間

といったデメリットもあります。

【要検討】メリタ電動コーヒーミルecg62をレビュー

コードレス電動コーヒーミル

昨今コードレスの臼式のコーヒーミルも発売されていますが「電池が直ぐ切れる」など、amazonの評価も様々でまだ改良の余地がまだあるのかなといった印象です。家で使う分ならコードありのロングセラー商品の方が確実でしょう。

カリタの電動コーヒーミル 

コーヒーミルといえばカリタ。業務用での実績からコーヒーミルの分野では、他のコーヒー会社よりカリタが1歩リードといった存在。業務用のコーヒーミルを小型化した製品は精度が高く、コーヒーがおいしくなること間違いなし。カリタナイスカットGがイチ押しでおすすめです。

カリタナイスカットG

【衝撃】カリタ ナイスカットG2020蔦屋モデルレビューこんなにうまいとは!

カリタネクストG

刃がセラミックで静音、静電気除去、モーターの回転数を低減し、摩擦熱による風味の劣化を抑えたプロの要求に応えるテクノロジーの次世代コーヒーグラインダー。

メリタ電動コーヒーミル

意外とメリタは電動コーヒーミルのバリエーションが多いんですよ。価格も5・6千円で買いやすい。

vario-e

海外製varioをメリタがライセンス販売している「vario-e」エスプレッソの極細挽きもできる臼式のコーヒーミル。4年近く使ってますが、現在カタログ落ちしているようです。

【エスプレッソOK】メリタバリオeコーヒーグラインダー 購入レビュー

メリタ パーフェクトタッチII CG-5B

5千円台の臼式のコーヒーミルです。

メリタ フラット カッター ディスク グラインダー ECG71-1B

フラットカッター式で5千円台のコーヒーミルは他にないんじゃないかな。

海外製電動コーヒーミル

海外メーカーの電動コーヒーミルを挙げておきます。

デロンギ

デロンギはイタリアの電気機器メーカー。エスプレッソマシーンなど販売しています。

ボダム

本社を置くデンマークとスイスの台所用品メーカー。フレンチプレスのコーヒー器具が有名。

ウィルファ

北欧ノルウェー生まれのメーカー。ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ2004のチャンピオン
Tim Wendelboeティム ウェンデルボーが開発に関わったコーヒーグラインダー。コーヒーショップで取り扱っているのをよく見ますね。

業務用電動コーヒーミル 

業務用のコーヒーミルとなると、価格も桁が変わってきます。ドイツ製のMahlkonigは60万円。国内のカリタであれば数万円。業務用は粉にする精度が高く、量を多く挽けるのがポイントですね。

電動コーヒーミルの手入れ

コーヒーミルはコーヒー粉がたまるので、お掃除が必要です。エスプレッソ用の極細挽きで挽いた後はは特に詰まりやすくなっています。

普段の使用回数にもよるけど、お掃除回数は多いほどいいので、定期的に週1回はしたいところです。

【大事な】コーヒーミルのお手入れ・掃除の仕方でおいしくなる話

電動コーヒーミルまとめ

コーヒーをおいしくしたいならミルに投資すべし

ひろ

電動コーヒーミルはいい値段になっちゃうけど、それだけ味のリターンがあります。おいしいコーヒーにしたいなら投資すべきはミルです

ビター

長く使えるからね。5年使うと思って早めにいいものを買っておくといいよ

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒーミルはマジ大事。

インスタ版every coffee
ビターのクロネコカフェ


おいしいコーヒーやスイーツを気ままに投稿しています。うっかりフォローした人はしあわせになっちゃうよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。