当ブログはアフィリエイト広告を含みます

グアテマラのコーヒー3つの特徴「甘み酸味コク」おすすめがこちら

今日はグアテマラのコーヒーについてざっくり、まとめます。

数年前、セブンイレブンでもグアテマラブレンド出てたし、日本では人気のコーヒーなので、口にしてる方も多いでしょう。

一般的にはグアテマラのコーヒーの味の特徴というと、甘み、酸味、コクの3つが挙げられますね。

ひろ

深煎りでニガ甘い濃厚な味わい。もしくは、中浅煎りで強い酸味

どちらも後味に甘みがあり、コクがあり、香りも強く、はっきりした風味。

っていう印象じゃないでしょうか。ミートゥーです。

ビター

なんですが、実はグアテマラのコーヒーって結構、味のバラエティ豊富なんですよ

グアテマラコーヒーのなかでも、トップクラスのスペシャルティコーヒーを大阪のSOTさんよりご提供いただき、実感しました。ありがとうございます。

ということで、リーズナブルなものからトップクラスのものまで、グアテマラのコーヒーについて、ざっくりこんなコーヒーだよねー。という、ゆるい話をします。プロじゃないので消費者としての「それはあなたの感想ですよね」の話になります。超個人的な主観に基づく、実際飲んだコーヒー体験ベースの話です。

ただ、自家焙煎もするので、グアテマラのコーヒー豆も焼いたし、世界40か国以上のコーヒーを飲んできました。レアな豆を見つけたら飲んできました。スペシャルティコーヒーや高級コーヒーも飲んできた、コーヒマニアなので数はこなしとります。

味の感想だけでなく、豆の品種や収穫される産地など、グアテマラコーヒーの豆知識も交えて、グアテマラコーヒーの特徴をさくさくっと見ていきましょう!

目次

グアテマラどこ

そもそも論、グアテマラどこ?私が地理に弱いので、ここからいきます。

グァテマラ共和国はメキシコの南。中米。太平洋とカリブ海の両方の海に面する中央アメリカの国です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次