【ゲイシャ】とは?味と特徴、世界一おいしいコーヒー

最近「ゲイシャ」って耳にしませんか?スタバやローソンで売られていたので、見かけた方もいるのではないでしょうか。コーヒーにしては変わった名前なので関心も高いかと思います。コーヒーマニアはご存知でしょうが、ゲイシャについてまとめてみました。

目次

ゲイシャとは

コーヒーの品種です。ゲイシャ – Geisha種。名前の由来は日本の「芸者」ではなくて、エチオピア南西部の地名「Gesha」からきています。特徴としては大粒で細長く、香りが強い。甘味を伴ったすっきりした酸味が特徴。

原種に最も近いのがゲイシャ

現在、コーヒーの木、コーヒーの品種って世界中にたくさんありますが、もともとのコーヒーの木ってエチオピアに一つの品種しかなかったそうです。この原種が大航海時代に様々な国に苗が持ち込まれて、その土地々で品種が変わりながら広がっていきました。

そして現存の品種の中で、エチオピアの原種に最も近いと言われているのがゲイシャになります。ただ、野生種ゆえ病気に弱く栽培が難しいうえ、収穫量も少なく、樹木が4m以上になり、収穫も大変ということから、商業的に採算があわない品種とされてきました。

コーヒーの起源

ちょっと余談ですが、そもそもどうやってコーヒーが飲まれるようになったのか?というコーヒーの起源についてです。諸説ありますが、僕の好きな「山火事説」

むかしむかし、エチオピアで山火事が起きました。火がおさまって、山に行くと何ともいえないいい香りが充満していました。これはなんのにおいだ?と足元を見ると、山火事で焼かれたコーヒー豆がたくさん落ちていました。という話、コーヒーの実が山火事で偶然、焼かれて、いいにおいがするものとして発見されたという説です。焼け跡の山にゲイシャ特有のあの香りが漂うっていう古代のロマンにうっとりしてしまいます。

パナマで栽培に成功

採算性が悪いと見向きされなかったゲイシャ種ですが、パナマのラ・エスメラルダ農園の農園主が広大な敷地の中にすばらしい香味のコーヒーの木があると、偶然、発見しました。病気に弱く、収穫も少ない品種でしたが、味は格別だったため、栽培を続け、2004年のパナマの品評会で賞をとりました。これが大きな話題となり、今ではオークションにかけられ、ラ・エスメラルダ農園のゲイシャは入手自体も難しくなっています。

あわせて読みたい
パナマのラ・エスメラルダ農園「ゲイシャ」コーヒーの特徴と味 今月の焙煎コーヒーはコーヒー業界にイノベーションを起こしたと言っても過言ではないエスメラルダ農園のゲイシャです。コーヒーのサードウェーブもこのゲイシャの存在...

世界一に輝いたパナマのゲイシャ

2004年以降、その他の中米、アフリカでもゲイシャ種が栽培されるようになりましたが、パナマのゲイシャはやっぱり質が違い、コーヒーの抽出技術を競う世界大会ブリュワーズカップでチャンピオンが使用したのが「ナインティープラス社のパナマのゲイシャ農園で作られたシルビア」という豆です。いま世界で一番おいしいとされているコーヒーですね。

あわせて読みたい
世界一のコーヒーの味ゲイシャ コーヒー抽出の世界大会(ブリューワーズカップ)で優勝した時のコーヒーを飲ませてもらいました。「これが世界一のコーヒーの味か!!」 【コーヒー豆はゲイシャシルビア...

ゲイシャの入れ方

粕谷哲さんの46メソッドをご紹介します。コーヒー抽出の世界大会のチャンピオンの実演会に参加して本人を目の前にして聞いた抽出方法です。総湯量を4割と6割に分けて、
●最初の4割でコーヒーの味が決定する。
●あとの6割で濃度を調整する。
●コーヒーのおいしい部分だけ抽出する。
という考え方です。

4,5回に分けて分量を計って注湯します。
ポイントはお湯が落ち切ってから注ぐ。


抽出方法:ペーパードリップ
抽出器具:ハリオV60
コーヒ豆の挽き具合:荒挽き
コーヒー粉の量:20g(2杯分)
抽湯量:300ml(2杯分)
※15倍が目安。
あわせて読みたい
4:6メソッド粕谷哲さんの世界一のコーヒーの淹れ方! 粕谷哲さんの46メソッドをご紹介します。コーヒー抽出の世界大会のチャンピオンとなった後の実演会に参加して本人を目の前にして聞いた抽出方法です。 ご本人から直接聞...

台湾産のゲイシャ

台湾産のコーヒーと言われてもあまりピンとこないかもしれませんが、実は、台湾の嵩岳咖啡荘園のゲイシャ豆は米国コーヒー品質協会(CQI)89.25点を獲得し世界No.1に選ばれたコーヒーなんですよ。(2020年9月時点)

パナマ産と比べると、ややあっさりですが、非常に甘みと酸味のバランスがよく、まるでパインのようなフレーバーにびっくりしました。

あわせて読みたい
【世界1】台湾産コーヒー「台湾嵩岳ゲイシャ」SOT COFFEE 今日は台湾のコーヒーをご紹介します。と言っても台湾のコーヒーチェーンやショップのコーヒーではなく、なんと台湾で収穫された台湾産のコーヒーを通販で売ってるらし...

エチオピアのゲイシャ

エチオピアのゲシャ地方で2011年にコーヒー農園ができました。もともと自生していたゲシャ地方の“ゴリ・ゲシャの森”で採取した種を持ち帰り、栽培しだした「ゲシャビレッジ農園」です。ゲイシャに特化して栽培されていて「ゲシャ」「ゴリゲシャ」の2種を栽培しています。まさに原種の中の原種といえるでしょう。

あわせて読みたい
ゲイシャビレッジ農園「エチオピア/ゲシャG1 ハニー」 今月の自家焙煎は「エチオピア/ゲシャG1 ハニー」です。最高のコーヒーといわれる「ゲイシャ」のもともとのルーツとなる種、自生地区「ゲシャ」のコーヒーになります。...
あわせて読みたい
エチオピア グジ ゲレザ ゲイシャ 「モカ シダモ」ってコーヒーをご存知ですか。コーヒーで「モカ」ってよく聞きますよね。イエメンかエチオピアのコーヒーを「モカ」と呼びます。あまりにざっくりして...

コロンビアのゲイシャ

香りもパナマゲイシャ風な香り。違うけどね。その要素はある。味もクリーンで飲みやすいし、果実味もある。そりゃ以前買ったオークションロットみたいなパナマゲイシャと比べたら、全然ちがうけど、その要素はある。ただ、パナマゲイシャにはない、しっかりした力強さ、ボディ感はありますね

あわせて読みたい
コロンビアのゲイシャはどんな味?コーヒー生豆を焙煎した味の特徴 今月の自家焙煎コーヒーは「コロンビア/ゲイシャ・ラ・フリア農園」です。 2004年にパナマで開催されたコーヒー品評会で、ラ・スメラルダ農園が出した「ゲイシャ」は、...

まとめ

一度飲んでもらいたいコーヒー

独特な風味なので一度飲んでもらいたいコーヒーの品種です。

ただやっぱりパナマのラ・エスメラルダ農園かナインティープラス社のゲイシャ、台湾のゲイシャがおすすめです。値段ははりますが、その価値はある。

今日も寄っていただきありがとうございます。ゲイシャってネーミング勝ちじゃないの?

もう一杯おかわりいかがですか

あわせて読みたい
ゲイシャシルビアで世界1のコーヒーの味を再現できるか GW中にコーヒー抽出世界大会のチャンピオンの実演講習会の記事を書いていたら、もう一度、あのゲイシャが飲みたくなって、しがない普通のサラリーマンからしたらアホか...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる