初心者でも「究極の1杯」のコーヒーをドリップする道具と方法

今までコーヒーが飲めなかったのに「コーヒーうまいじゃん!」と、コーヒーに目覚めた人がいきなり「究極の1杯」を目指すために必要な道具とステップを紹介します。私がそうだったので、6年間いろいろ、情報を集め、飲み歩き、お金をかけ、まわり道して、労力をかけてたどりついた道なので、あまり教えたくありませんが、みんながおいしいコーヒーに出合うために、踏み台になりましょう。この近道の高速に乗ってください。では、コーヒーを淹れるには道具が必要で、さらに「究極の1杯」のためにはこれらがいるだろうというのを挙げました。

1.豆を挽く道具

まずはこれです。淹れる直前にコーヒー豆を粉にする。なんといってもこれです。そしてコーヒー粉は均一で微粉が少ない方が雑味が出ないので、精度の高いミルが必要になります。

コーヒーミル「ザッセンハウス」

コーヒーミルの最高峰といわれる「ザッセンハウス」がおススメです。電動、携帯型も持っていて、挽き比べ、飲み比べしてみたら、やっぱりこれが一番おいしかった。究極の一杯ですから、手でゴリゴリしましょう。

ザッセンハウスのロゴマーク

【ドイツ職人の傑作】ザッセンハウスおすすめレビュー!最高のコーヒーミル

微粉をとる「ハイテック茶こし」

コーヒー豆を粉にしたら、微粉をとります。このハイテック茶こしは網目が細かすぎて、ふるい落とせないんですが、微粉が網目につき、微粉をとることが出来ます。劇的においしくなるわけじゃありませんが、飲み比べると、はっきりと味がちがいます。

茶こし

茶こしで微粉をとるとコーヒーがおいしくなるか検証

【格段に変わる】コーヒー微粉セパレーターを100均商品で作ろう

2.コーヒーを淹れる道具

コーヒーの成分を抽出する方法はいろいろありますが、ここはペーパードリップでいきましょう。コーヒー抽出の大会「ブリュワーズカップ」というものがありますが、世界大会で優勝した淹れ方がペーパードリップでしたので、世界一に輝いた方法といえるでしょう。

ペーパードリップ「ハリオV60」

その世界大会で優勝した粕谷哲さんが使用したのが、ハリオのV60。まちがいないでしょう。私も飲みはじめた頃からずっと使っているドリッパーです。価格もリーズナブルでホームセンターやスーパーにもあると思います。

ハリオV60全サイズ

【世界一おいしい】ハリオV60コーヒードリッパーで最高の1杯を

ドリップポット「Kalitaドリップポット」

お湯は中心に細く注いでください。ドバーって雑にお湯を入れると、雑な味になります。細く注いで、出す止めるをコントロールする必要があります。ポタポタと垂れないよう、ピシャッと湯きりできるポットでないといけません。

【カリタ】ステンレス製細口ポットでおいしくなる理由

温度計「Kalitaドリップサーモ」

注ぐお湯の温度も大事です。グッツグツの高温は味が出やすい分、おいしくない味も出やすくなります。髙すぎず、低すぎずの温度で淹れる必要があるわけです。

【カリタ】ドリップ用サーモおいしいコーヒーは温度から!

ドリップスケール「ハリオドリップスケール」

コーヒー粉の量と抽出したコーヒーの量を計る必要があります。お湯を注ぐ量と回数によって味が変わるので、計りが必要になります。

ハリオドリップスケール

【初心者必】ハリオV60ドリップスケールが世界1のコーヒーの味を再現

と、ここまでが道具のはなしですね。

淹れ方

コーヒー抽出の大会「ブリュワーズカップ」の世界チャンピオンに輝いた粕谷哲さんの淹れ方を紹介します。ある意味、世界一の淹れ方と言ってもいいでしょう。

「4:6メソッド」

最初の4割で味を抽出し、あとの6割で濃度を調整する淹れ方です。

1杯150ml コーヒー粉10g 粗挽き

浅煎り 93℃
中煎り 88℃
深煎り 83℃

●30秒蒸らす。
●1投目20ml注ぐ(20ml)
●2投目40ml注ぐ(60ml)
●3投目40ml注ぐ(100ml)
●4投目50ml注ぐ(150ml)

コーヒーブログの4:6メソッドの記事

【神か】世界一の4:6メソッド!粕谷哲さんのドリップコーヒーの淹れ方

次に使うコーヒー豆です。好みがありますから、コレとは言い切れませんが、いくつか挙げておきます。

浅煎り:パナマ ゲイシャシルビア

世界一おいしいコーヒー【ゲイシャ】とは?味と特徴、由来や歴史

中煎り:エルサルバドル パカマラ

エルサルバドル/パカマラCOEグアチピリン農園

深煎り:グァテマラ カペティロ農園

【ぶっちゃけ】土居珈琲の感想!一番売れてるコーヒー通販を飲んでみた話

いかがだったでしょうか。かなりめんどくさいと思われたかもしれませんが、どれか一つでも取り入れて、「あっちょっとおいしいかも!?」と思ってもらえたら幸いです。

今日も寄っていただきありがとうございます。「究極の1杯」よりも「毎日の1杯」がおいしくなればいいかなと。

every coffeeオンラインストア


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。