【使える!】100均コーヒーグッズ10選まとめ

100均のコーヒー保存容器

コーヒーブロガーが「これは使える!」という100均のコーヒーグッズを紹介します。コーヒー関連の道具は消耗品も多いので、買い替えが必要です。100均はなんといってもコスパが最高にいいので、使い倒しましょう。それではおすすめ順に。

実用編

保存容器

まずは保存容器ですね。においがつきにくく、繰り返し使えるガラスのキャニスターがおすすめです。

100均のアルミ袋アルミパックは、光を遮り、湿気に強く、空気を抜いて閉じられるので、コーヒーの保存には適していますが、繰り返しは使いづらいので、こちらは外出時に入れるのにいいでしょう。

ドリッパー

なんとなく「100均のドリッパーってどうなの?」って思うかもしれませんが、コーヒーメーカーが出してるものと、大して変わりません。ちゃんと使えます。カタチも材質も一緒なんだから、そりゃそうだよね。コスパ最強でしょ。

コーヒーミル

さすがに100円商品ではありませんが、ダイソーよりコーヒーミルが発売されました。セラミックの歯でガラスストッカー、ステンレス外装と500円であり得ないレベル。コーヒー粉を買っていた人には、これを機会にぜひコーヒーミルデビューしてもらいたい。コーヒー豆を挽いて飲むと格段においしいよ。

ビーカー

コーヒーとは関係なさそうなアイテムですが、スケールがなくてもコーヒーの抽出量を計ることができます。25ml間隔で目盛りもあるので、注ぐ量も正確になります。ドリップコーヒーはお湯の注ぎかたによっても味が変わるので、この目盛りが重要なんです。しかもサイズが150mlなので、一杯分にぴったりなんです。

微粉取り

コーヒー豆を挽いたコーヒー粉を茶こしで微粉を取ると、雑味の少ないクリアな味になります。この微粉を取るために茶こしとペット容器を組み合わせて「微粉セパレーター」を作ります。

マグカップ

そういえば、マグカップも100均でした。コーヒーブログなので、液体の色が見える無色透明で耐熱ガラスのデカくないマグカップを探したんですが、ブログをはじめた当時は100均しか無かったんですよね。

あったらいいな編

ドリップバッグ

ドリッパーを持っていない初心者の方は、これにコーヒー粉を10g入れて、お湯を注げばドリップコーヒーを飲めます。これが最安の方法じゃないでしょうか。

麻袋

本物のコーヒー豆の麻袋ではありませんが、イミテーションの小さい麻袋があります。私は生豆を購入するので、これに入れています。雰囲気出るし、この大きさがちょうど良い。

ミルクフォーマー

cafeole2.jpg
ミルクをふわふわにするフォーマーですね。ブラック派なので、使用頻度が少なく100均で十分です。

ツートーンドリンクメーカー

2層式のドリンクがめっちゃ簡単に作れます。ブロガー的には超ありがたいアイテム。

キッチンミニスコップ

かわいいんだけどね。微妙に小さくて決まった量をすくいにくいのが残念。

ストーンアイスキューブ

氷に比べて冷えない。12個ぐらい入れても冷えなかった。ホットコーヒーを氷で冷やす急冷式のアイスコーヒーには向きません。最初から冷やしてるボトルコーヒーならいいかも。あくまでもサブ的に。

まとめ

結構、100均にコーヒーグッズ多いんですよ。ペーパーフィルターとかドリッパーは単純に持ってるので、買わないだけです。十分使えると思います。1日カフェをしたときなんかは、紙コップも買いましたし、記事にしていないアイテムもあるので、これからもぼとぼちと紹介していきます。セリアとか最近めっちゃあったよ。

今日も寄っていただき、ありがとうございます。使えるものもあれば、そうでないものもある。


\YouTubeはじめました/


毎週更新中チャンネル登録お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。