コーヒーがまずい5つの理由と改善方法

コーヒーのおいしくない味を雑味という言い方をします。おいしくない苦味、酸味、渋味、これらをいかに取り除くか、出さないかがコーヒーをおいしくするポイントになります。では、実体験でこういったまずい味が出た時の失敗例を見ていきましょう。

挽き目が細かい

コーヒーの淹れ方にもよりますが、コーヒー粉の粒が細か過ぎると、苦味・渋味が出やすくなります。コーヒー粉で売っている商品は、各社各種で挽き目が違います。淹れ方にあったコーヒー粉を選びましょう。ドリップであれば中挽きか中細挽き。コーヒーミルを持っている方も淹れ方にあった大きさにしましょう。

微粉が多い

コーヒーミルを使っている方は挽いた粉に微粉が多いと苦味、雑味が出やすくなります。コーヒー豆を挽いた後、茶こしで微粉を取り除くとクリアな味になり、飲みくらべてその差がはっきりしました。これをやってからは毎回茶こしで微粉を取り除いています。

100均で出来るコーヒー微粉セパレーター

2018.02.10

茶こしで微粉をとるとコーヒーがおいしくなるか検証

2017.02.11

お湯が熱すぎ

湧きたてのグツグツのお湯だと苦味が出やすくなります。湧いたお湯を別のポットに移し替えると、だいたい90度ぐらいまで下がります。83〜90度ぐらいが適温でしょう。

コーヒーのドリップ温度は何度がおいしい?プロのおすすめ10選

2017.12.23

お湯の注ぎ方が雑

ドリップの話ですが、お湯の注ぎ方によって全然味が変わります。浅煎りのコーヒーだとかき混ぜるやり方もありますが、よくいわれるように中心にそっと注ぐのがベター。ドバーって注いだり、かき混ぜると、味が濁ります。

「4:6メソッド」コーヒードリップ世界一の粕谷哲さんの淹れ方

2017.05.03

欠点豆が入ってる

スーパーのコーヒー2.jpg欠点豆とは形や色が変わっている豆、未成熟な豆で、味に悪影響を及ぼします。この写真はスーパーで買ったある会社のコーヒー豆です。この欠点豆だけを選んでコーヒーを淹れてみたら、ものすごくまずかった

スーパーで売られているコーヒーをおいしく飲む3つの方法

2015.03.08

雑味を出さないのまとめ

以上の逆をすることになります。「逆に〜」ってやつです。

1. 淹れ方に合った挽き目にする
2. 微粉をとる
3. 適温83〜90度のお湯で注ぐ
4. お湯を中心に細く、そっと注ぐ
5. 欠点豆を取り除く

改めてコーヒーってちょっとした事で味が変わるものだと思いました。多少、道具が増えるのはしょうがないね。特に微粉をとるは試しやすくて効果ありですよ。

今日も寄っていただきありがとうございます。どれか1個でもいいので試してみてね。

もう一杯おかわりいかがですか

コーヒーの味がわからない人へ。味がわかるとは違いがわかること

2016.04.03

コーヒーの味の違いがわかるようになる8つの飲み比べ法

2018.04.18

コーヒーがおいしくない!こんな間違いしていませんか

2018.04.01

every coffee コースター


1枚500円(送料込)+エスメラルダゲイシャ1杯分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら