【初心者】アイスコーヒー作り方まとめ急冷・水出し・冷蔵

アイスコーヒーの作り方は大きく分けて3種類あります。「急冷式」「水出し式」「冷蔵式」。

氷を使った「急冷式」のアイスコーヒーが一般的ですが、「水出し式」も水に漬けておくだけで出来るので、おすすめです。またホットで淹れて、冷蔵庫で冷やすだけの「冷蔵式」はさらに簡単。

それぞれ全く違う味わいになり、いい味出してくれます。

はじめてのアイスコーヒー 作り方は氷なしの水出しがおすすめです。作り置きで2・3日持ちますし、作り方も簡単です。コーヒー粉の10倍の水を入れるだけなので、1リットルなら100gのコーヒー粉を使います。

コーヒーメーカーを使うなら、氷を使った急冷式かそのまま冷やす冷蔵式です。

ただアイスコーヒーを作る際は、それぞれにちょとしたポイントがあります。基本的には「濃く」抽出するほうがおいしいと感じやすい。

ひろ

コーヒーを飲み始めて数年はホットしか飲めませんでしたが、アイスコーヒーのおいしさもわかるようになったので、初心者の頃を振り返りつつ、まとめました

ビター

自分の好みと豆の相性によってどの選択をするかというお楽しみの世界です

目次

急冷式アイスコーヒー

最もポピュラーなアイスコーヒーの作り方は「急冷式のアイスコーヒー」です。

セブンイレブンで氷の入った容器にホットコーヒーが注がれるアレが急冷式です。

私はコーヒーを飲み始めの頃、ホットコーヒーを氷で冷やすというのが、どうもよくわかりませんでしたが、自分でやってみたら、すごくおいしかった。

ちゃんと冷たくなるし、味も香りもよく、びっくりしました。

ひろ

細挽きのコーヒー粉を使い、ホットで濃く抽出して、たくさんの氷でイッキに冷やす。これが基本的な流れですね

  1. 深煎りのコーヒー豆12gを細挽き
  2. 85℃のお湯を注いで30秒蒸らす。お湯を4投して80mlを抽出
  3. 氷を入れたグラスに注ぎ、縦にかき混ぜる

おすすめ豆:深煎り
出来る時間:数分
用意する物:ドリッパー、サーバー、たくさんの氷を入れたグラス

エアロプレスのアイスコーヒー

エアロプレスでアイスコーヒーを作るなら、やっぱり細挽きですね。キレッキレッのアイスコーヒーになります。

  1. 中深煎り13g 細挽き
  2. 紙フィルター
  3. 撹拌1回50秒待って40秒プレス
  4. 90ml抽出
  5. 氷の入ったグラスに注いで急冷

ネルドリップのアイスコーヒー

コーヒーは濃いめに少なくホットで抽出して、氷をたくさん入れたグラスに注ぎ、急冷します。しかし、ネルドリップのホットの時のまろやかさは無くなります。急冷式のアイスコーヒーはキレッキレッになるようです。

あわせて読みたい
ネルドリップのアイスコーヒーやってみた 昨年からアイスコーヒーに目覚め他ので、今年はバリエーションを増やして、いろんな淹れ方でアイスコーヒーを作ってみたいと思います。今日は「ネルドリップ」でアイス...

カクテルシェーカーで冷やす泡アイスコーヒー

氷を入れたカクテルシェーカーに、ホットコーヒーを入れて振れば、一瞬で冷えます。

泡の効果で口当たりもまろやかになります。

急冷式のアイスコーヒーは飲みながら、氷が溶けて薄くなっていきますが、この泡コーヒーはカクテルシェーカーで振って氷が溶けた状態で冷えて完成するので、飲みながら味が変わらないので、好きです。

氷を使った急冷式アイスコーヒーは、苦く濃くキレを楽しむタイプです。それがちょっと苦手という方には、
カクテルシェーカーの泡アイスコーヒーは、まろやかで飲みやすいので、いいかもしれません。

水出し式アイスコーヒー

水出しコーヒーは、お湯を使わずにコーヒーを抽出します。そのため味を出すのに時間がかかります。

水出しコーヒーもやっぱり「濃く」が基本

水出しコーヒーは薄くて酸っぱいとおいしくないので、濃いめにします。

もし濃すぎるなという出来になったら、水で薄めれば大丈夫なので、挽き目は細いほうがいい。

濃い物を薄くはできますが、薄い物を後から濃くにはならないからね。濃いめ濃いめになるように抽出します。

ビター

水出しコーヒーは薄くならないように濃くね

水出し式には、次の2種類があります。

点滴水出し(透過法)

点滴のように一滴ずつ水を落として2時間をかけてコーヒーを抽出するので、コクのある澄んだ味と濃厚な香りのコーヒーができます。点滴水出しコーヒーの独特の香りにハマりましたおすすめです。

イワキウォータードリップサーバーは中心の一点にしか水が落ちないので、少し拡散させる工夫をすればパーフェクト。

おすすめ豆:オールマイティ
出来る時間:2時間
用意する物:専用のドリップサーバー

漬け置き 水出し (浸漬法)

8時間コーヒーを浸け置きにして、抽出します。高温による苦味や渋みが溶け出しにくいので、苦味雑味が少なく、まろやかな味わいになります。

ハリオ水出し珈琲ポットの説明書の量だと、 薄くなりがちなので、粉を多めにするのがおすすめ。

あわせて読みたい
【レビュー】ハリオ水出しコーヒーポットでアイスコーヒーの作り方 水を入れるだけで簡単にアイスコーヒーができる「HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用 ブラウン MCPN-14CBR」をレビューします。水出...

浸け置きの水出し式なら、基本コーヒー粉に水を注ぐだけなので道具がなくてもできます。

  1. フレンチプレスを使う
  2. コーヒーサーバーを使う
  3. お茶パックを使う

コーヒー粉の重さの10倍の水を注ぐだけ。コーヒー粉20gだったら水200mlを注いで入れます。

おすすめ豆:オールマイティ
出来る時間:7時間以上
用意する物:コーヒー粉と水と容器

フレンチプレスの容器を持っているなら使ってもいいですし。

ドリッパーとサーバーがあれば実はできちゃいます。

あわせて読みたい
【道具不要】1番簡単な水出しコーヒーの作り方! あたたかくなって、最近ホットコーヒーを飲まなくなってコーヒー離れしてきてる人もいるのではないでしょうか。コーヒー粉あまっちゃってどうしよう。そろそろ賞味期限...

お茶のパックにコーヒー粉を詰めて、水に浸けておけば水出しコーヒーができます。

冷蔵式アイスコーヒー

一般的な2大アイスコーヒーの作り方を紹介しましたが、第3のアイスコーヒーを提案します。

普通にホットでドリップしたコーヒーを冷蔵庫で冷やすだけのアイスコーヒーも意外とアリですよ。クールコーヒーと名付けました。

急冷式と水出しのアイスコーヒーのデメリットを改善したカタチになります。

  • 氷がいらない
  • 氷で薄くならない
  • 水出しほど時間がかからない

クールコーヒーに合う豆、合わない豆もありますが、これもやっぱり、ちょっと濃くがおすすめです。

おすすめ豆:オールマイティ
出来る時間:2時間以上
用意する物:ドリッパーと容器

アイスコーヒーに合う豆

基本は深煎り

深煎りは、よく焼いた黒い豆のことです。セブンイレブンのコーヒーぐらい。アイスコーヒー用で売っているのはだいたいこの深煎り。温度が低いと味も香りも感じにくくなるので、アイスコーヒーは「味を濃く、香りを強く」が基本。シロップを入れるのが好きなら特に。

中煎り・浅煎りもアリ

とはいえ、深煎りじゃないアイスコーヒーをいろいろ試してみて、中煎り・浅煎りのアイスコーヒーもおいしくなりました。私はアイスもブラックで飲むので、糖分に頼らないおいしさを目指していて、中煎り・浅煎りの酸味のあるアイスコーヒーも好きです。

アイスコーヒーの発祥は?

「アイスコーヒーの発祥は日本 」というのを聞いたことがありませんか? しかし、これちょっと微妙なようです。というのも、その元ネタとなっているのが、1891(明治24)年、石井研堂著『明治事物起源』に「氷コーヒー」というメニューがあると記述しているからなんですが、

それ以前に 1840年頃フランス人が植民地支配していた北アフリカ・アルジェリアで、現地人が熱いコーヒーに水を入れて冷まして飲んでいたことから、マネをして冷やしたコーヒーを飲んでいたそうです。しかし普及せず終わりました。

また、1920年頃、アメリカでは大手コーヒーメーカーが夏場のコーヒー消費量を増やすため、コーヒーを冷やして飲む方法を提案したが、こちらも定着しませんでした。

現在、海外でアイスコーヒーが一般的になったのは、スターバックスがアイスコーヒーを商品展開したからなんですよ。

日本より先にアイスコーヒーやってるし、広めたのはスタバだし、日本初、日本発とはいいにくいけど、国内で普及して世界に通じるコーヒーアレンジを生んだのは間違いのではないでしょう。ということで、レペゼンでアイスコーヒーを紹介します。

アイスコーヒーの作り方まとめ

アイスコーヒーは濃くが基本

どの淹れ方でもこれは共通しましたね。いまいちかなって失敗したパターンは だいたい 薄くなったとき。

ひろ

アイスコーヒーは薄くて酸っぱいとおいしくないんですよ

人間の味覚の性質上、 冷たいものは、温かいものに比べて、味と香りを感じにくくなるので、ホットでおいしいコーヒーでも、それをそのままアイスにすると、薄くなりがち。

ビター

薄くて酸っぱいだけだと、もうどうしようもない

コーヒーは温度が下がると酸味が強くなります。点滴水出しコーヒーの濃厚な酸味なら好みの味に薄めて調整しておいしいのですが、、アイスコーヒーの基本は「濃く」です。

今日も寄っていただきありがとうございます。ずっとホットしか飲まなかったのにね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

目次